豆知識

冬虫夏草の豆知識

調理手順

  • 水で5分ほど浸して清めてから、調理できます。​
  • 加工して粉末にし、お湯をかけるかスープに入れます。
 



冬虫夏草產地

冬虫夏草の原産地は中国西北四省(チベット、青海省、四川省と雲南省)の境目辺りとなります。高山地帯で極めて寒い青蔵高原(青海、チベット地方)より出産された冬虫夏草は最も上質です。次のランクのは、四川や雲南などより出産された冬虫夏草です。四川や雲南などより出産された冬虫夏草は、気候や地理の影響でより細いので、束にして売ることが多いです。

冬虫夏草とは?

冬虫夏草とは昆虫に寄生した菌類がなるものです。子嚢菌門核菌綱ボタンタケ目バッカクキン科に属し、夏のときはコウモリ蛾の幼虫に寄生し、その体内に侵入、幼虫の体内組織を栄養にしながら成長し続きます。時間につれその子嚢孢子が菌絲体となり、コウモリ蛾の虫体はやがて菌絲に満ちる殻となります。冬を越えるために冬のときは土の中にもぐります。

次の夏になると、菌核から棒状のキノコが生えて体外まで伸び出します。冬まで虫で、夏になると形は草に似ているため、「冬虫夏草」という名前が付けられています。

標準

  • 樓上が販売している冬虫夏草は原産地の青蔵高原から直接輸入され、専門業者により厳選されており、他の産地や種類のものが混じっていないことを保証します。
  • 冬虫夏草のランクは虫体の太さで決まります。虫体が太ければ太いほど効果が上がるので、値段も高くなります。そのため、樓上は「太さ」で冬虫夏草のランクに分けています。いつでもご安心にお買い上げできます。
  • 樓上は日本製、最新型の金属探知機とレントゲンで金属、異物などを全部検索し、すべての冬虫夏草が安全検査の基準に達してる上、100%「金属と異物なし」と確保します。
  • 毎回原材料の冬虫夏草を輸入するとき、必ず輸入した分からサンプリングをし、色や味などを点検します。「天然の色と味」を確保し、品質に異常のないよう心がけています。
  • 竹くじの検査は機械では不可能なので、人目で竹くじを取り除くしかありません。樓上は竹くじを取り除くために三重の処置を用いて、「竹くじなし」の確率を99.9%も上げています。

保存方法

冷蔵庫(0~8℃)に入れて保存してください。長い間に保存する場合は、冷凍庫(-18℃以下)に保存してください。

そのほか

冬虫夏草は海抜3000m以上の高山地帯に限られているので、気候が寒ければ寒いほど虫体が太くなります。また産地や気候によって、形、色、尾の長さと虫体の質がそれぞれとなります。
 

お勧めの召し上がり方

冬虫夏草(8g)、西洋参(20g)、なつめ(5個)、スッポン(1個)、豚肉(450g)でスープを作ります。

質の良い冬虫夏草の見分け方

冬虫夏草の成長は地理環境に限られていて、その上に寄生条件も厳しいので、供給は極めて不足で、値段が高いです。最近冬虫夏草の効用がより広く消費者に知られており、供給がさらに需要に応じ切れない状態です。劣等冬虫夏草やまがい物まで市場に現れていますので、お買い上げの際には下記のポイントを確認しましょう。
  1. 竹くじが冬虫夏草の中にないことです。不完全なものに竹くじを入れて、完全なものに見せるように、より高く売られるからです。
  2. 針金と泥水が虫体に入れていないことです。重さが増えると値段も高くなるからです。
  3. きな粉で作られたまがい物ではないかと確認しましょう。

ヒント

冬虫夏草を購入する場合は、評判のいい大手小売店でお買い上げをお勧めします。
 

冬虫夏草のランク選び

冬虫夏草は虫体の太さによりランクが決まります。青蔵高原は海抜3000m以上の高山地帯であり、気候が酷寒のため、冬虫夏草はより太いです。龍頭草 (リュウトウソウ)、珍品草 (チンピンソウ) と特選冬虫夏草に分けられています (虫体が太ければ太いほど栄養価値が上がります)。

なお、採集と輸送の途中で、冬虫夏草が折られることもありますので、その折られた冬虫夏草が安く販売することもあります。しかし、折ったことで栄養価値に影響はないです。
 

効用

冬虫夏草は腎臓に良く、陽気を高め、肺を守り、息を調和し、どろっとした血を固め、痰を消すなどの効用があります。腰と膝の痛み、肺と腎臓が虚弱、長い咳、体と精神が弱い方と病後の方にサプリメントとしてお勧めです。また燥熱ではなく、いつでも食べられます。長期的に食べ続けると免疫力も向上できます。

特徵

冬虫夏草は形によって「虫」体と「草」体を分けています。
「虫」は形が蚕に似ています。見た目は深い黄色か黄褐色がしており、丸い筋は20から30までくらい入っています。足は8足あり、真ん中の4足が目立ています。虫体切断面の中央部には褐色でU形の筋が入ることもあります。実がもろくて折れやすいです。においがやや生くさいですが香りがあります。虫体が太くて、見た目が黄色で、中身が白くて干していて無傷なものは上質です。

「草」は子座であり、虫体の前から伸びだし、細くて長い円柱の部分はやや太いです。見た目は濃い褐色がしており、細い縦の筋目があります。質は軽くてしなやかです。草の短いものは上質です。 
 

特性

味甘、性微寒